中古車のデメリット

コンディションが把握しづらい

中古車であることから当たり前だと感じるかもしれませんが、前の所有者がどのような使い方をしていたかが分かりづらい点がデメリットと言えます。メンテナンスがどのくらいの頻度で行われていたのかは、記録簿などで把握することができるのですが普段から急ブレーキをかけていたか、アクセルを思い切りふかしていたかなどは分かりにくいのです。中には、走行距離が少ないというだけでこの中古車に決めた、と購入する人がいますが中古車を購入する決め手は走行距離ではありません。

走行距離が短くても、コンディションが良くない中古車は多いと言われています。前の所有者がどうしても気になるという人にしてみれば、コンディションが把握しづらいというのは大きなデメリットになるでしょう。

好みの車を見つけにくい

中古車には、自分の好みのタイプを見つけにくいというデメリットもあります。新車であれば、カラーやオプションなど自分の好きなように注文をすればその通りに仕上げてもらえます。しかし、中古車はすでに生産されたものであるためある程度のカスタマイズは可能かもしれませんが、カラーそのものの変更などの仕様を変更することはできないのです。そのため、中古車は新車に比べて好みのタイプを見つけにくく、例えばカラーは良いが内装が気に入らないというようなことや、仕様は問題ないがボディが希望通りでないといったことも起こるでしょう。世界に一台だけの自分だけの車が欲しい、という人にとっては中古車は向いていないと言えるかもしれません。